« 休憩です | トップページ | 休憩です »

2012年8月10日 (金)

休憩です

本日も多忙につき、いただいたコメントにすぐにお返事ができそうにないので、数枚写真を載せたいと思います。
ケベック(州)のトロワ=リヴィエール   Trois-Rivières にあるデュプレシMaurice Le Noblet DUPLESSIS  の像の写真です。
デュプレシ(本名は、モーリス・ル・ノブレ・デュプレシのようですが、モーリス・デュプレシとしばしば呼ばれます)は、トロワ=リヴィエール出身の政治家で、1936年から39年、1944年から1959年までケベックの首相を務めた人物です。生年が1890年、没年が1959年ということで、在任中に他界しました。
彼は非常によく研究された政治家です。ケベックの大暗黒時代 La grande noiceur の政治家とも言われますが、彼が15年以上ケベックで支持されたことは軽視してはいけないと思います。
彼は、ユニオン・ナシオナル Union nationale (「民族連合」くらいに訳せます)という党の創立者で、ワンマンの政治家だったようです。
彼の時代の前は自由党のタシュロー政権(1920-1936) Louis-Alexandre TASCHEREAU(1867-1952) で、この長期にわたる政権の政治腐敗を批判して、デュプレシは政権を握ったようですが、彼の政権もまた長続きし、政治腐敗で知られることになります。
デュプレシの死後、ユニオン・ナシオナルは後継者のポール・ソーヴェ Joseph-Mignault-Paul SAUVÉ(1907-1960)  もじきになくなり、政権は自由党に移ります。自由党のジャン・ルサージュ Jean LESAGE(1912-1980) が首相となり、1966年まで政権を握り、改革を実行に移すわけですが、それが「静かな革命 Révolution tranquille 」と呼ぶようですが、革命と言っても、以前から準備されていた改革が実を結んだという側面も見られるようです。
ユニオン・ナシオナルは1989年に解党しましたが、ユニオン・ナシオナルの党員の何人かはパルチ・ケベッコワParti québécois  に入ったようです。

ということで、デュプレシの出身地のトロワ=リヴィエールには、デュプレシの家などが今もあります。

トロワ=リヴィエールについては
トロワ=リヴィエールの公式サイト内の観光のページ http://www.tourismetroisrivieres.com/ 
などを見ていただけると楽しいと思います。
3つの川が合流する場所にできたので、トロワ=リヴィエール(直訳すれば「3つの川」)です。
川のある風景は素晴らしいと思います。http://www.tourismetroisrivieres.com/fr/attraits-et-activites/loisirs-et-plein-air/marina-de-trois-rivieres.aspx

今回ご紹介するのは、トロワ=リヴィエールの街中にある歴史的建造物 Manoir Boucher de Niverville の前の公園にある デュプレシの像です。撮影時期は今年の春・初夏ころだったかと思います。 

デュプレシの銅像に赤い紙切れ(布切れ)がついているのが見えるでしょうか。これは、(セジェップ・大学の)学費値上げ反対に賛同しているしるしです。
デュプレシが、生きていたら、学費値上げに反対するかどうかはかなり疑問ですが…彼は、ラヴァル大学で社会科学研究をすすめようとしたジョルジュ=アンリ・レヴェック(レベック)神父 le père Georges-Henri Lévesque といろいろあったように思いますし…当時、連邦政府からの教育関係への補助金をめぐって、いろいろあったように思います。

2012aout10_21

2012aout10_22

デュプレシの像のそばには彼の言葉が刻まれています。
Coopération toujours  l'assimilation jamais が全て大文字で記されています。
これは彼の有名な言葉の一つで、「いつでも協力するが、ぜったい同化しない」とでも(直訳調ですが)訳せますでしょうか。当時デュプレシにケベック独立という考え自体はなかったようですが、でも、いろいろあったようです。

2012aout10_24

彼は非常に人々の心に残っている政治家の一人で、今年はトロワ=リヴィエールの民衆文化博物館 Musée québécois de culture populaire http://www.tourismetroisrivieres.com/fr/attraits-et-activites/musees-et-sites-historiques/musee-quebecois-de-culture-populaire.aspx で
Duplessis donne à sa province (「デュプレシは自分の州に与える」)という題の展示が行われています。(http://www.culturepop.qc.ca/expositions/detail.php/f/43)
これは、ユニオン・ナシオナルの政治プロパガンダを紹介するもので、大変面白く、この展示にあわせて、本も出版されたようです。
このDuplessis donne à sa province「デュプレシは自分の州に与える」というキャッチフレーズの前には、本来、Les libéraux donnent aux étrangersという「自由党の連中は外国人に与える」という文がついています。(ケベックの豊富な天然資源・労動力やケベック(州)在外国企業をめぐっての台詞のようです。)
今回、私たちが訪問したとき、博物館のガイドさんがこのことを説明したら、聞いていた人の一人が、「なあんだ。自由党は昔から変わらないな!」と言いました。
ちなみに、この展示は、2013年1月13日までの予定だそうです。

***
では、本日もご訪問をどうもありがとうございました。
皆様の一日が有益で楽しくありますよう、心よりお祈り申し上げます。

それから、もしよろしければ、右サイドバーにあるランキングをクリックしていただけませんでしょうか。大変励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

最後に、像の写真だけでは物足りないような気がするので、一枚。ケベックからラック=サン=ジャン地方へ抜ける自動車道の休憩所(?)からの眺めです。詳しくは後ほど記事にしたいと思います。

2012aout10_67_2

 

« 休憩です | トップページ | 休憩です »

Trois-Rivières et ses environs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休憩です:

« 休憩です | トップページ | 休憩です »

にほんブログ村

人気ブログランキング

ココログ広場参加の皆様

  • ポチッとよろしく!
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

meteo

  • MeteoMedia
    MeteoMedia

にほんブログ村で読者登録ができるようになりました!

  • にほんブログ村で読者登録できるようになりました!
    traductionjpqcのブログ - にほんブログ村